プロ家庭教師の口コミチェック.com

プロ家庭教師を決める前にはかならず口コミをネットで確認しましょう。中には詐欺まがいなことをやっているところや、まったく学力に効果がない家庭教師に無駄なお金を払ってしまう可能性もあります。

プロ家庭教師には組合も統一マニュアルもない

 プロ家庭教師には組合も、統一マニュアルもありません。
マニュアルは、派遣業者が独自に出しているものを渡されることもあり、それに従うのが通例です。
しかし、最近普及してきた仲介だけをおこなう紹介機関では、マニュアルを定めたり渡したりすることはあっても、家庭教師と生徒間のトラブルには一切対応しませんので、プロ家庭教師の自覚次第となります。
派遣業者がつくるマニュアルは、社会人としてのマナーを記載したものが多く、学生アルバイトの場合などは大いに役立つでしょう。
ただ、派遣業者が利益を上げやすくするために、家庭教師に犠牲を強いる内容も少なくありませんでした。
以前は紹介だけおこなう機関がなかったため、派遣業者を使わざるを得ない状況にありましたが、最近は紹介機関が普及し、圧倒的に好まれているようです。

 プロ家庭教師は労働者という扱いではなく、請負業者という立場になるため、組合はありません。
プロ家庭教師の横のつながりはまったくないため、派遣業者しかなかったひと昔前までは、かなり厳しい条件であり、片手間でおこなうもの、という面もあったようです。
生徒宅が支払う金額の4分の1程度しか受け取れなくても、当日キャンセルで無報酬でも、報酬の不払いがあっても、駆け込む先はありませんでした。
生徒宅が支払う時給が非常に高額であるため、プロ家庭教師は高収入であると誤解されることもあったようですが、派遣業者から受け取る金額はその3分の1か4分の1であるため、決して高収入の仕事ではありません。
最近普及してきた紹介機関を通じての依頼であれば、生徒宅が支払う授業料はそのまま全額家庭教師に渡りますから、リーズナブルな制度と言え、好ましいことでしょう。
プロ家庭教師のなり手も増えてきそうです。

上へ
戻る